【DIY精神】ZINEってなに?わかりやすく解説します!【個人でつくる雑誌】

 

アーティストやデザイナーなどで、よくZINEをつくってそれをアートフェアで売るなんて告知をしている人を見かけませんか?
そもそもZINEとはなんでしょう。  
今回はZINEについて解説していきます。      

 

ZINEとは

 

    zine

 

 

  ZINEはファンジン(funzine)の略称として生まれた言葉です。 ファンジンとはファンとマガジンを組み合わせた造語で、小説や漫画、音楽などのファンが自主的に発行していた同人誌や冊子などのことを意味します。     分かりやすい例があった方がいいので、僕が過去に作ったzineの写真を上げます。  

 

 

zine zine  

 

これは自分が撮ったスナップ写真をまとめた写真集です。 これも自主的なものなので大きな括りでいうとZINEとなるわけです。  

 

 

 

ZINEの歴史

 

 ZINEの起源は1930年代、アメリカで起こったSFブームによりファンジンという文化が始まったとされています。 また、70年代になるとパンクブームが到来。そして家庭ではプリンターが普及し始めたことによりアーティストたちは皆こぞってフライヤーやZINEをつくるようになりました。

 

 これこそがパンクというサブカルチャーの始まりでした。 今のZINEの根底にあるのはパンクの精神。

 

つまりDIY(Do it yourself) 自分でやるの精神が引き継がれ今日まで続いているのです。

 

 

ZINEの特徴

 

実際のところZINEに定義らしい定義はありません。 パンクというサブカルチャーから生まれたという背景もあるので、定義づけしてしまう事自体がナンセンスではあります。
小ロットの書籍や同人誌と一括りに定義してしまうにはその範囲はあまりに広いので、個人的に思う特徴を述べたいと思います。

 

 

 

インディペンデントな印刷物であること

 

 

何よりも個人の意思で好きなようにつくるのがZINEです。
もちろん一般書店には流通せず、非商業的な存在となっています。
ちなみに僕が今まで見てきたZINEで衝撃的だったのが、
全ページひたすた目玉焼きを表現し続けるという誰得なものでした。  

 

誰が欲しがるんだろう?と思うような内容ですが、それもZINEならではの楽しみと言えるでしょう。

 

 

個人や少人数でつくる

 

 多くの場合、ZINEは個人もしくは少人数でつくられます。

これは何より、自分の好きなテーマを扱うがゆえに他社の介入を良しとしない特性があるからです。

 

とにかく内容は自由  

 

本当に表現するものは自由です。
本当にパーソナルな誰かとのやり取りをまとめたもの。
誰も調べないようなマニアックな知識を披露する。
なんでもありです。    

 

 

本の体裁でなくても良い

 

ZINEはあまりに自由度が高い媒体です。

例えばコンビニのコピーをホッチキスでまとめたものでも良いですし、
印刷所に頼んで徹底的に紙やインクにこだわったものも、もちろんZINEと言えます。


極論、紙でなくPDFのみの配布なんていうのもアリかもしれません。

 

おおまかにはこういった特料をもつのがZINEと言えるのではないでしょうか。 

もちろん、先程にも述べましたがZINEに定義なんてないので、本当に自由にしていいのがZINEの良さです。

 

ブログという文化もある意味ではネット上に浮かぶZINEと言えるかもしれません  

 

 

まとめ

 

zine

 

 

いま、どこの世界でもすぐに役に立つもの。
有用性があるものに価値をおいている流れを感じます。

 

実際、僕がこのブログを立ち上げる時に参考にした様々なブログでは、有益な情報を発信するのが何より大切だと説いていました。
それはその通りだと思います。

 

誰も有用性を感じないところには時間を使おうとは思いません。
僕自身もこのブログが少しでも有益な情報を発信できるのが理想です。


ですが、誰の得にもならないZINEという文化は今もなお続いているのも、人間は無意味なことを欲している証拠なのではないかと思います。
合理性だけでは決してたどり着けないものが人の創造力。つまりクリエイティブなのではないでしょうか。

 

合理性の外側にこそ、まだ見ぬクリエイティブは眠っている。
僕はそう思います。